読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都 ヨーガとお母さんの会 

会のお知らせと日常のヨーガを綴っています。

口の中から漏れ出る宇宙

 

今夜も布団の中で子供と話していました。

日中夫と2人で夫の実家に遊びに行っていた娘に、何をして遊ぶのが一番楽しかった?とか、おじいちゃんとおばあちゃんどうだった?とか、お昼ご飯はどうだった?とか、色々と質問していました。

 

彼女の言葉一つ一つに耳を澄ましていると、1日中離れていたせいかあどけなく話す声が心地よく、とても新鮮に響いてきました。そして前回みんなで読み合わせたクリシュナのエピソードを思い出しました。

 

 ある日クリシュナがまだ幼い子供であった頃、ある少年たちは、彼が泥を食べているのを見ました。養母(訳あってクリシュナは人間の赤ちゃんとすり替えられて育てられているのです)ヤショダは、それを知ると、クリシュナに口を開けるように言いました。クリシュナが口をお開けになると、おお、なんと不思議なことか!ヤショダは幼児クリシュナのなかに、じつに全宇宙ーー地球、天界、星々、太陽、月、そして無数の生き物たちーーを観たのでした。

 f:id:yogaokasan:20160710233515j:plain

最近子供のことに一喜一憂していたのですが、そこには子供を自分の思うようにしたいという思いがあったことに後々気が付きました。クリシュナ神が人間のもとで秘密に(※ヤショダは自分の子が神とすり替えられていることを知りません)育てられているように、娘も自分のものではなくクリシュナと同じ尊い存在で、無限の力や可能性を秘めているのだということを思っていました。

 

子供の口から漏れ出る言葉は純粋で、満天に輝く星屑のようなもの。

 

愛くるしく話す言葉をありのまま素直に聴いていたいと思いました。