読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都 ヨーガとお母さんの会 

会のお知らせと日常のヨーガを綴っています。

一昨日はアーサナクラスでした

やっと冬らしい季節になってきました。

一昨日のアーサナクラスはホットカーペットをオンにして暖かくして行いました。

 

アーサナの前に『ヨーガの福音』というヨーガの先生の言葉を抜粋した本の中から【心と四つの意識】というところをご紹介しました。

 

私たちの心の世界というのは永遠で完全なものではありません。心というものはこの世界と同じ、変化をしてやまないもの。だけどこの世界を切り刻んでも、体を解剖しても真実を見つけることはできません。なぜならそれは物質ではないから。心は幸せを望んでいる。儚い、間違ったものに幸せを見るか、真実に見るか……。夜見る夢は日常の経験を印象として作られる世界です。それはこの現実の世界とそんなに変わりない。なぜならどちらも心が作り出しているからです。

1起きている時の意識

2夢見の意識

3熟眠の意識

4そしてその3つの意識をすべて知っている第4の意識

その証拠にあなたは第4の意識によって観られている。

それが「私は誰か」という鍵です。

(『ヨーガの福音』サットグル・マハーヨーギー・パラマハンサの教えより抜粋)

 

アーサナの目的は呼吸からアプローチをして本当の私=第4の意識(本当の幸せ)にたどり着くためのもの。みんなでそのことを確認してからアーサナに取り組みました。

f:id:yogaokasan:20151128010215j:image

 

ところで11月23日は先生の御誕生日でした。

会のお話の中に出てくるヨーガの教えとアーサナは、先生が自ら体得されたものです。「純粋な自己(第四の意識)」に至る道を体得され、私たちに示してくださっています。インドでは本当に信頼できるヨーガの先生を生涯をかけて探し続けるそうです。知識や形ばかりのヨーガ(ヨーガとは言えないかも)ではなく、人の人生そのものを変えてしまう方。そんな方に出会えるということは本当に吉祥なことだと思います。