読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都 ヨーガとお母さんの会 

会のお知らせと日常のヨーガを綴っています。

さまらさの台所


昨日久しぶりにさまらさの台所をみんなで習ってきました。

メニューは今が旬の食材である「きのこ」を使ったお料理です。

f:id:yogaokasan:20151101105724j:image

ジャーン!はち切れんばかりの元気なきのこさんたち。まずはきのこさんの性格を講師であるサティヤー先生に教えて頂き、扱い方を教わりました。

f:id:yogaokasan:20151101105826j:image

そして実際に触っていきます〜。

もう一人の講師、サラニーさんに説明して頂きながらきのこを炒めます。普通に今まで行っていた炒め方と違ってびっくり!きのこの性格を知ったからこそ、の炒め方です。

f:id:yogaokasan:20151101120746j:image

子どもたちも一緒に。男子も活躍。

f:id:yogaokasan:20151101111512j:imagef:id:yogaokasan:20151101111437j:image
料理女子、もくちゃんは手慣れた様子。
f:id:yogaokasan:20151101111536j:image
 

子守しながら教わる緩やかペース。


f:id:yogaokasan:20151101111814j:image
出来上がったきのこのあんかけ天津飯
f:id:yogaokasan:20151101112100j:image
 
きのこのディップ&椎茸のバター醤油焼き。
f:id:yogaokasan:20151101112008j:image
並べまして、
f:id:yogaokasan:20151101112043j:image
いっただっきま~す!
f:id:yogaokasan:20151101112113j:image
 
食材の生まれもった性格を知れば扱い方が分かるように、子どもも同じように生まれもった性格を尊重すれば、親のエゴを挟まない対応ができるのではないかと話ました(それぞれ個々で話をしていたので一部のお母さんとの会話になってしまいましたが…)。その時サラニーさんが「その時、その時で状況は変わるものね」とおっしゃったのが印象的でした。食材も人も、一瞬一瞬状況は変化しています。一つの個性を見て扱うというより、頭をからっぽにしてその瞬間にふさわしい関わり方をするということが大切なんだな~と気付きました。お料理でいうと今目の前にある食材をよく見ることが大切なんですね。毎回一期一会。ロマンティックですね♡

おまけで子どもたちの様子。
f:id:yogaokasan:20151101120824j:image
f:id:yogaokasan:20151101121011j:image
育ち合い〜。