京都 ヨーガとお母さんの会 

会のお知らせと日常のヨーガを綴っています。

眼鏡を外す

今日はお話の会でした。

いつもお話しをする前にインドの歌(キールタン)を1曲歌っています。
 
いつも通り歌おうとしたとき、ぐぅさんがちょっと考えて言いました。
 
アーサナ(坐法)をするとき裸足になって眼鏡外すよね?キールタンのときはどうなの?」
 
確かに。アーサナは全身で呼吸していて、足の裏からもプラーナ(氣)を取り込む。目も眼筋を動かすし、アーサナの動きをするのに眼鏡は邪魔なので外します。
 
じゃあキールタンは??
 
インドでは神聖な場所では素足になるそうです。
 
それならキールタンを歌うときも靴下は脱がなきゃ!
 
眼鏡は?今まで外してなかったな。
う〜ん‥でもキールタンもアーサナと同じ心を純粋にしていくものだし、身体中から同じようにプラーナ(氣)を取り入れてるのかも‥‥。それに聖なるものに想いを馳せるときは全身全霊で感じたほうがいいのでは?
 
という思いがよぎり、2人(今日は2人でした)とも眼鏡をしていたので外しました。
 
歌う前に礼拝して、心を込めて歌いました。眼鏡を外すことで何だかより神聖なものの前で素直になれたような、裸になれたような、そんな気がしました。
 
その後お話。
今回のテーマは「こだわりについて」。
とっても充実した話し合いが出来ました。
 
内容報告お楽しみに〜!
 
f:id:yogaokasan:20150514223518j:image