読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都 ヨーガとお母さんの会 

会のお知らせと日常のヨーガを綴っています。

ある夜の寝かしつけ

 

死ぬことを怖がる娘(6歳)と本当の自分について話しました。

 

娘「お母さんがいないと淋しいって心が言っていたの」

 

娘「お父さんとお母さんがいつか死んでしまうのが怖いの」

母「さっき、心が淋しいって言ったね。心が淋しいって知っているもう一人のあなたがいるの。お父さんもお母さんもこの心や身体ではなくて、それを知っている方なの。心や身体はいつか無くなるけど、お父さんもお母さんもあなたも本当は死なないでいつまでもあるんだよ」

 

娘「(少し考えて)食べものも死なないの?」

母「死なないよ。形は食べたら無くなるけど、ずっとあるんだよ。みんな形は変わったり無くなったりするけど、それをずっと見ているの。本当はずっと生きているんだよ。だから安心して思いっきり毎日を楽しんだらいいよ」

 

それを聞いて娘は安心した顔をしてそっと眠りに入っていきました。