読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都 ヨーガとお母さんの会 

会のお知らせと日常のヨーガを綴っています。

10月のお話の会について

先日のお話の会もまた、クリシュナのエピソードを読み合わせました(内容は割愛します〜)。

ぐうさんと二人(参加は2人でした)、クリシュナのエピソードから思い出した日常の気付きをお互い話しました。

 

さて、10月からはブログで以前少し登場したインドの聖者、トゥリヤーナンダの生き方(いろんなエピソード)に焦点を当てて学び深めることにしました。

 

インドの昔の聖者というと、とても遠い存在のような気がしますが・・・聖典を読んでみると私たちの日常に参考になることだらけで驚きます!

頭の理解ではなく、ハートで彼のハートに触れられる時間になると良いなあ!!!

 

10月の日程はまた後日お知らせさせて頂きます。

よろしくお願いいたします。

 

f:id:yogaokasan:20160921221808j:plain

 昨日の雨上がり、虹が出ました!

 

 

 

 

 

 

 

9月のお知らせ

9月15日(木)アーサナ(30分程度)、お話(クリシュナ神)とキールタン

9月29日(木)アーサナ

※9月は第3、5木曜日となります。

時間:10:30〜12:00(両日ともに)

料金:1500円

対象:お母さん、妊婦さん子連れ可(託児はありませんがみんなで見守ります、玩具あり)
場所:ガネーシャ庵(京都市上京区御前西裏上ノ下立売上北町570-11)今出川天神通りをひたすら南に下がり、京天神野口という懐石料理屋さんから一本南に下がった通りを西に入って、すぐにある盆栽屋さん(ふくわか洞)のお隣にある京町屋です。ガネーシャ庵と表札が出ています(※家の前に軽自動車一台駐車可。利用される方は事前にお知らせください)。
初めて参加される方はこちらにご連絡ください。shiyomari@icloud.com(平岡)
詳しい地図をメールでお送りさせていただきます。

f:id:yogaokasan:20160901012332j:plain

 昨日のランチ〜。

今日は納涼会でした

f:id:yogaokasan:20160831154151j:plain

 

f:id:yogaokasan:20160831154220j:plain

 

f:id:yogaokasan:20160831154255j:plain

 

アーサナをして、キールタンを歌ったあとから納涼会開始〜。

 

今日は恋する気持ちを味わうようにみんなでキールタンを歌って、その後は食事をしながら神に恋するという心境を過去の恋愛談から追ってみました(笑)

 

そのあとは子供のこと、夫のこと、

子育てで気付いた心の癖の話から具体的な瞑想の話に広がって行ったり、理想についての思いを吐露したり、あっという間に時間が過ぎて行きました。

 

みんなでヨーガを学んでいるからこそ話し合える日常のことが沢山あり、気付きの言葉をかけてもらったりして、会自体がとても充実しているのを感じました。

 

楽しかった!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当の意味のリラックス

キールタン(歌う瞑想)を歌うとき、私自身一般的な女性の声よりも高い声が出るため、他の人たちと同じキーで歌うときは声を低く出さなければならず、今までとてもしんどい思いをしていました。

 

何とか低い声も自然に出るようにしたいと思って、娘のピアノの先生に声の出し方を教わることにしました。

 

今日そのレッスン日で先生から聞いた話では、声がきちんと出るためには喉をリラックスさせることが大切なのだそうです。緊張させていると声の通り道が狭まるためきちんと声がでないんですって。

 

それで、できるだけ喉をリラックスさせるよう意識して発声練習をしていたのですが、今日のレッスンの時、試しに腰を入れて胸を開いて歌うようにしたんです。

そうしたら喉の緊張がいっさいなくお腹から一本の声の通り道がしっかりとできているのが分かりました。低いキーの音が気持ちよく大きく響き渡りました。

 

あ!瞑想の時と同じ姿勢だ!と思いました。

 

瞑想では腰を入れて腹を据えて背骨をまっすぐに立てて座る。

どこにも緊張のない状態で自分の内側に集中していきます。

 

背骨を丸めている方が一見楽なのかもしれませんが、それでは身体の緊張はとれなくて実はとてもしんどいんですね。

背筋をまっすぐにしている方が、どこにも力が入らなくて本当は楽なんだと、以前ヨーガの先輩が話されていたのを思い出しました。

 

リラックスした状態が一番良い声が出るように、仕事や家事、育児といろんな行為も姿勢を正して行うことが力みなく、良いコンディションで行える秘訣なんだと思いました。

 

アーサナはいろんなポーズを取り入れながらまさにそのリラックスした姿勢をつくるためのもの。日々行うことで、日常に還元されていくのですね〜。

 

暑くてついつい背中を丸めてしまいそうになるのですが、しっかりと背筋を伸ばして残暑を乗り切りたいと思います。

f:id:yogaokasan:20160822203324j:plain

 ある日の夕食〜。

 

 

 

真の子育て

夜、眠った娘の胸に耳を当ててドクンドクンと鳴る心音に耳を澄ましていました。

自分の胸にももう片方の手を当てて、両方の鼓動に触れていました。

 

そして、この2つの鼓動はいつか停まってしまう日が来るんだなと思いました。

 

でもこの心と身体が脱ぎ捨てられても、永遠の命(魂)はいつまでも有り続ける。

この2つの鼓動を動かしている源。

その永遠の命を思うと、私たちはそのことに目覚めるために最良の学び相手として親子として存在していることを改めて思いました。

 

ヨーガをしていようが、いまいが、興味があろうとなかろうと、

誰もの生きる目的は本当の自分に目覚めること。

その目的に達する道がヨーガの先生によって、確かなものとして存在しています。

 

生きる目的が明確であれば、社会や他者のせい(娘を含む)にするのではなく、真実を学び自分の心の在り方を変えていくことによって見ている世界を変えていくことができる。

 

この世の現象を見るのではなく、目的だけを見続けること。

子育てで(子育て以外でも)迷ったときはここに戻ろうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

一昨日はお話の会でした

今回もクリシュナ神の幼少時代のエピソードを読み合わせました〜。

f:id:yogaokasan:20160805225021j:plain

お話は割愛させていただきますが・・・神を純粋に愛するものに神は支配されることを許されるというくだりが印象的でした。

 

クリシュナ神のエピソードを読み合せて今回で3回目となりますが、キールタン(※クリシュナの歌を歌っています)も以前より味わい深さが増してきたように思います。


次回も楽しみです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8月のお知らせ

8月3日(水)アーサナ(30分程度)、お話(クリシュナ神)とキールタン

8月31日(水)納涼会(おかず一品持ち寄りでお願いします)

※8月は夏休みの関係で第1、5水曜日となります。曜日、週ともに変更となりますのでご注意下さい。


時間:10:30〜12:00(両日ともに)

料金:1500円

対象:お母さん、妊婦さん子連れ可(託児はありませんがみんなで見守ります、玩具あり)
場所:ガネーシャ庵(京都市上京区御前西裏上ノ下立売上北町570-11)今出川天神通りをひたすら南に下がり、京天神野口という懐石料理屋さんから一本南に下がった通りを西に入って、すぐにある盆栽屋さん(ふくわか洞)のお隣にある京町屋です。ガネーシャ庵と表札が出ています(※家の前に軽自動車一台駐車可。利用される方は事前にお知らせください)。
初めて参加される方はこちらにご連絡ください。shiyomari@icloud.com(平岡)
詳しい地図をメールでお送りさせていただきます。


今日はアーサナクラスの日でした。新しい出会いがあり、とても充実した時間をみんなで過ごしました。


京都は梅雨も明けていよいよ夏本番ですね!

これからの暑い季節、みなさまどうかご自愛ください。

f:id:yogaokasan:20160721205735j:plain

夕方の鴨川。晴れ!


 

口の中から漏れ出る宇宙

 

今夜も布団の中で子供と話していました。

日中夫と2人で夫の実家に遊びに行っていた娘に、何をして遊ぶのが一番楽しかった?とか、おじいちゃんとおばあちゃんどうだった?とか、お昼ご飯はどうだった?とか、色々と質問していました。

 

彼女の言葉一つ一つに耳を澄ましていると、1日中離れていたせいかあどけなく話す声が心地よく、とても新鮮に響いてきました。そして前回みんなで読み合わせたクリシュナのエピソードを思い出しました。

 

 ある日クリシュナがまだ幼い子供であった頃、ある少年たちは、彼が泥を食べているのを見ました。養母(訳あってクリシュナは人間の赤ちゃんとすり替えられて育てられているのです)ヤショダは、それを知ると、クリシュナに口を開けるように言いました。クリシュナが口をお開けになると、おお、なんと不思議なことか!ヤショダは幼児クリシュナのなかに、じつに全宇宙ーー地球、天界、星々、太陽、月、そして無数の生き物たちーーを観たのでした。

 f:id:yogaokasan:20160710233515j:plain

最近子供のことに一喜一憂していたのですが、そこには子供を自分の思うようにしたいという思いがあったことに後々気が付きました。クリシュナ神が人間のもとで秘密に(※ヤショダは自分の子が神とすり替えられていることを知りません)育てられているように、娘も自分のものではなくクリシュナと同じ尊い存在で、無限の力や可能性を秘めているのだということを思っていました。

 

子供の口から漏れ出る言葉は純粋で、満天に輝く星屑のようなもの。

 

愛くるしく話す言葉をありのまま素直に聴いていたいと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月のお知らせ

7月7日(木)アーサナ(30分程度)、お話(クリシュナ神)とキールタン

7月21日(木)アーサナ

7月は夏休みの関係で第1、3木曜日となります。お間違えのないようお願いいたします。

時間:10:30〜12:00(両日ともに)

料金:1500円

対象:お母さん、妊婦さん子連れ可(託児はありませんがみんなで見守ります、玩具あり)
場所:ガネーシャ庵(京都市上京区御前西裏上ノ下立売上北町570-11)今出川天神通りをひたすら南に下がり、京天神野口という懐石料理屋さんから一本南に下がった通りを西に入って、すぐにある盆栽屋さん(ふくわか洞)のお隣にある京町屋です。ガネーシャ庵と表札が出ています(※家の前に軽自動車一台駐車可。利用される方は事前にお知らせください)。
初めて参加される方はこちらにご連絡ください。shiyomari@icloud.com(平岡)
詳しい地図をメールでお送りさせていただきます。

 

 ところで今日はアーサナのクラスでした。みんなで集中する心地よいプラーナと言ったら!この場を与えて頂いていることに感謝です。

f:id:yogaokasan:20160630153123j:image

 写真は先々週のもの。

規則的な寝息

いま私の隣では娘が規則的な寝息を立てて眠っています。

 

彼女が小学2年生になり、親として悩み考える部分が肉体より精神的なものへと変わってきたように思います。

 

何歳でも、悩むのは人との関わり方。

大人も子供も一緒ですね。

 

娘が学校での様子を話し落ち込む姿を見て心配したり、笑顔を見て安堵したり。最近は彼女の様子にずいぶん心が振り回されて、疲れていました(^^;;

 

これではいけないと思って真剣に瞑想していきました。

自分は何を思っているんだろう?と自分の本音を白状させていくと、

 

『できるだけ娘が傷付かないように生きて欲しい』という思いがありました。

さらに白状させていくと『自分が娘の姿を見て傷つきたくない』という強い思いがありました。

そんな自分勝手な願望が心根にあったのです。

 

真実から言って、ずっと順風満帆なんてあり得ないんですよね。

 

いい時もあれば悪い時もある。

またお友達の状況も一刻一刻変化しているし、娘の状況も一刻一刻変わっていく。だから関わり方もどんどん変わる。その中で心と心が反応し合うのは当たり前のこと。成長のためにも通らないといけない道なんですね。

 

そう答えを導き出して、自分自身が間違ったところに幸せを求めようとしていたことに気が付きました。

 

 この絶え間なく移り変わる世の中に永遠に続く幸せはない。何度期待しても、やっぱりこの世には完全な幸せなんてないんだ〜と思いました。教えてもらっているのに諦めきれないのが心の習性ですね。

 

そんなものだと受け入れること。永遠に壊れることのない絶対的な、不動の存在にしっかりと結びついていること。

 

もう一度仕切り直して、それだけに目を向けようと気持ちを新たにしました。

 

f:id:yogaokasan:20160630011206j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6月内容報告

こんにちは ぐーです。

今朝は青空がひろがり、さわやかな風が吹き抜けています。
頼りなげな、一番ゼミの声も聞きました。
梅雨明けも近いのかな?


6月の内容ほうこくです。


先月からお話の会のスタイルを変えて

アーサナ数ポーズ→ヨーガの物語→キールタン(インドの歌)

という流れで会を進めています。


アーサナで身体と心を調え、今月はクリシュナの物語を読んでヨーガを深め、
キールタンを歌ってヨーガを味わう

というぜいたくな内容となっております(笑)


やるべきことがいっぱい!
頭の中も段取りのことでいっぱい!

のお母さんも、このときだけは、細々を忘れ目の前のことに集中します。

 

呼吸を意識し、アーサナのポーズに向き合い

物語を少しずつ知っていくと

次第に”雑念”は浄化され

心が透きとおってきます。


キールタンでは 人生初!のリードボーカルを体験させていただきました。
まだまだ神を愛する歌にはほど遠いですが、よい経験になりました(笑)

愛に満ちたうたが いつか歌えるようになりたいな。。


すこしづつ すこしづつ

一歩 一歩 近づけますように。。。


いつも 透きとおった心でいられますように。。。

f:id:yogaokasan:20160627201137j:plain

 

咲いた

 

梅雨の時期なると、家の近くのお寺に蓮の花が咲きます。

久しぶりに見て、やっぱり高貴なお花だな〜とみとれていました。

  f:id:yogaokasan:20160611100113j:plain

 

 

f:id:yogaokasan:20160611100213j:plain

 

f:id:yogaokasan:20160611100405j:plain

 

蓮の花は『悟り』の象徴とも言われています。

泥を弾き、どんな状況に居ても何の影響も受けず凜として佇む花。

 

実はこのお寺の敷地内にあった公園がつい最近いろいろな事情によって取り壊しになりました。残念ではありましたが、幾千年もの昔には公園さえもなかったでしょうし諸行無常ですね。

 

浮き世の様々な移りようをただ静観するが如く、美しく咲いていました。

 

今日はアーサナのクラスでした


京都市は雨の予報が出ていましたが何とかもちました。

今日はアーサナの日。久しぶりメンバーがみんな集まりました〜

クラス中、アーサナの時は意識を呼吸と動作(ポーズ)に向けて行うということをお話させて頂きました。

日常ではついつい料理しながら他のことを考えたり‥‥子供が話しかけてきて相槌うちながら他のことを考えていたり‥‥そういうことって結構やってしまいがちですよね。でも目の前のことが疎かになると、いろんなことが後々支障が出てきたりするから困ったものです(T_T)

アーサナで意識して毎回行っていくことで、心があれやこれやと散漫になる習性を矯正していきます。

すると日常も目の前のことに集中することが容易くなります。

近ごろ散漫な心になりつつあった自分に言い聴かせるがごとく、お話をさせて頂きました(だいぶ付け加えました‥‥)。


f:id:yogaokasan:20160526145811j:plain

あたし、そろそろ水浴びがしたいわ。










6月のお知らせ

6月16日(木)アーサナ(30分程度)、お話(クリシュナ神)とキールタン

6月30日(木)アーサナ

6月は第3、5木曜日となります。お間違えのないようお願いいたします。

時間:10:30〜12:00(両日ともに)

料金:1500円

対象:お母さん、妊婦さん子連れ可(託児はありませんがみんなで見守ります、玩具あり)
場所:ガネーシャ庵(京都市上京区御前西裏上ノ下立売上北町570-11)今出川天神通りをひたすら南に下がり、京天神野口という懐石料理屋さんから一本南に下がった通りを西に入って、すぐにある盆栽屋さん(ふくわか洞)のお隣にある京町屋です。ガネーシャ庵と表札が出ています(※家の前に軽自動車一台駐車可。利用される方は事前にお知らせください)。
初めて参加される方はこちらにご連絡ください。shiyomari@yahoo.co.jp (平岡)
詳しい地図をメールでお送りさせていただきます。

 f:id:yogaokasan:20160514103952j:plain

 

今日はお話の会でした

前回のお話の会(4月の内容報告をご覧ください♪)で心の印象を無くすには『心を神で満たすこと』であるとみんなで学びました。

 

じゃあ、神で満たすって具体的にどうすればいいの?ということで今回からは神さまについて学んでいくことにしました〜。

 

まずはアーサナで心と身体を調えてから、インドの神さま「クリシュナ神」のエピソードを読み合わせました。

 

クリシュナってどんな神さま?

彼を愛する女性たちの態度はどんなだったの?

 

エピソードに触れてから、キールタンを繰り返して歌いました。

 

来月も同じようにクリシュナのエピソードに触れてキールタンを歌います。

f:id:yogaokasan:20160512133736j:plain

 お詫び:5月のお知らせ時はアーサナをメインにとお伝えしていましたが、お話とキールタンをメインで進めることにしました(アーサナ自体は最初の30分行います)。どうぞよろしくお願いいたします。